読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もなんとか生きてる

アニメ・漫画・ゲームなど、ハマりものについてと日常について

今だから書ける話

 長い事営業していたから、お店のブログには書けないよーなお客も多かったとあるゲーム店の困ったお客ちゃんの話。

 

 ゲーム&コミック&アダルトパソコンの販売、買い取り業務が主な仕事のゲームショップに、毎年、夏が近づいてくると困ったお客が来ていた。

 

 お店の高性能コピー機で、自身の同人関連のコピーをしてくれ、といってくる自称『常連』ちゃん。

 

 その客は前店長と親しかったらしく、業務にない仕事だからと断ると『店長と親しいんだぞ!?店長を出せ!!』と、お決まりの台詞。しかし、すでにこの時、店長は別の人が務めており、前店長は店を退社しておりました。

 

 現店長にキッパリ断られ、ぐずぐず言いながら帰った客。とおもったら、どうやら諦めわるく前店長に電話したらしく、数十分後、前店長が店にやってきてクレーム。

 前店長「このくらいやってやれば良いだろ!?」「ちっとは融通きかしてやらんか」と言いたい放題。会社辞めたあんたにいったい何の権限があるのかと。

 

 結局、頑としてお断りして客共々お帰り頂いたんだが、この困った客と同等くらいに困った前店長、実は前歴有り

 

 新作ゲームの発売日前日にゲーム買いに来た(しかもドラクエ)贔屓(店の、ではなく前店長の)客に断ったら、同じ様に「売ってやれ」とクレーム付けにやって来たんだよね……

 

 当然、お断わりしました。

 

 アホかと。

 

つーか、客から電話されてすぐやって来るとか、暇人か!

今更ながらに思い出すと、腹が立つというより呆れてしまう……

広告を非表示にする